前々回は大黒、前回は真喩/伴音の過去で、
そろそろ雪音の過去が出てくるのかと期待したのですが、
それよりもっと衝撃的なことが(私にとってw)起こりました。
いよいよ父様/藤崎が夜卜に接触!!!
このタイミングで来るとは想像していなかったので、
いい意味で期待を裏切られました。

父様のすれ違いざまの 「…夜ぁ卜」 が怖い~~~~~。
次のページを見るのが本当に恐怖でした。
当然身動きできず顔も真っ青の夜卜でしたが、雪音を巻き込みたくないのか
訳のわからないことを言いつつ、とにかく雪音を先に帰した夜卜。
ここで初めて、現在の父様の姿を知ったわけですよね。。。
なぜか私も背筋が凍りましたよ(笑)
なんでだろ、夜卜の気持ちが痛いほど伝わってくる。
悲しみと恐怖と諦めが入り混じった気持ち。
この気持ち、私も知ってるんだ。

そしてそのまま藤崎家へ。
夜卜はほとんど話さないけど、父様が饒舌で。
途中、恵比寿の言の葉を発見するも話をスルーされ
やっぱり父様のいいなりな夜卜。
しかし、父様に 「神ごときが」 と言われても無表情だった夜卜が、
雪音やひよりの話を出されて表情が一変。
ひよりとキスしたことを知らされる…って、なにこれ。
自分が気にかけてる子が父親に取られるって(笑)
まぁ、ファンタジーなので父親って言っても高校生だしおそらく此岸では年下だしね。

ってことでひよりの家に乗り込む夜卜、神さまなので出入りは自由自在。
便利だわ。
そこでひより&夜卜が和解したのはいいが、今度は雪音がヤバイ!
夜卜の帰りを外で待つ雪音に、緋…今はみずちか…よーするに野良の魔の手!
でも。。。私の愛する(笑)兆麻に稽古をつけてもらっているので、
かなり強くなったよ、雪音~~~。
野良を小バカにしたり、唱を唱で返したり。。。
前回から雪音は唱を操れることが判明して、シビレました(笑)
その成長さに目を細めてしまう私です。
最終的には雪音の攻撃が野良に当たり、
流血した野良が逆上して雪音ヤバイ!ってなったときに、
父様が野良をたしなめ終了したのでありました。

父様がそんな行動をした理由…これまた怖い~~~。
「雪音には仕掛けんなって言ったろ、みずち」
「雪音は傷つけちゃあダメだぞ」
「雪音はいずれ お父さんのものにするんだから」

いやー、やめてー!!!!
雪音を父様のものって、そんなぁ、何もかも奪わないでぇ~~~><
でもどうやって自分のものにするのかは見ものかも。
父様って一体何?
術師ってなんなの?
言の葉…あの筆がそうしてくれるの?
人間なのにどうやって何百年も生きているの?
と、知りたいことは尽きません。
そしてここまでノラガミにハマっている私こそどうしたの?って感じですが
定期的に現実逃避が必須な私を見逃してください(笑)


2014.07.18. 10:41  |  …現実逃避 | Comment:0
Secret