西暦でいう1月1日ですが、ここはユリウス暦の人たちの国なので、街は普通に平日。
この日は帰国する日です。
飛行機まで時間があるので、午前中にCDショップや買い物に寄ったり、
コーヒーセレモニーに招待してもらったりしました。
689.jpg
コーヒーはエチオピアが発送です。
エチオピア伝統衣装をまとった女性が青草や花を床に敷き詰め、
おいしいコーヒーになりますようにと気持ちを込めてコーヒーを研ぎます。
炭を使って焦げないよう焙煎し、
695.jpg
道具を駆使して潰して粉にしていきます。
696.jpg
セレモニー中は、フランキンセンスの樹脂香が焚かれます。
いい香りですが、香りが強すぎてコーヒーの香りが死にます(笑)

コーヒーはとても濃いので、飲む前に必ず胃に何かを入れときます。
セレモニーのときは何か食べてきたか聞かれ、
食べてないと言うと、味の薄いポップコーンのようなお菓子が出てきます。

この後、お湯を沸かしてコーヒーを入れてくれます。
正式なセレモニーでは一人3杯飲まなきゃいけないのですが、
飛行機の時間の関係で、1杯飲みきる前においとましました。
申し訳なかったな。。。

ということで飛行機に乗り、またドバイで乗り継ぎ。
ここで、大阪から来た添乗員さんとはお別れです。
私はというと、機内でずっと死んでいました。
前日から水を飲んでも吐いてしまうという状態だったため、立ち上がるのもツライという。
でも体調が悪いといえば飛行機に乗せてもらえないから
搭乗まではずっと悪くない振りをするのが辛かった。。。

成田に着いたときには1/2の夕方でした。
そのまま空港内の病院に車椅子で直行、脱水症状が激しいということで
点滴を2本打ってもらい、少し落ち着いたところで帰宅。
家に着いたら真夜中でした。
その後は救急車に乗ったりと2週間以上病人生活を送りました。。。

エチオピア記、おしまい。


Secret