本日のメニュー

・大人のハノン
1番。
今日からハノンに入りました。
どんな風に練習していくのかよくわかっていませんが、
レッスンで普通に弾いた1番を、
家ではスタッカートで練習してくるよう言われました。

・ツェルニー リトルピアニスト
30&31番。
本当に初見で両手は厳しいのに、
楽譜を見せられ「ハイ、両手で♪」と簡単に言われます。
びっくりしちゃうんですけど、これって普通なんですか?
どこの教室もこんなもん?

・大人のバイエル 下巻
106番。
今までは片手ずつの練習でしたが、今週からは両手で練習。
バイエル1曲を2回に分けて練習したのは初めてかも。
まぁ、最後の曲だしね。

・ブルグミュラー 25の練習曲
4回目の「21.天使たちの合唱」は、スタッカートで練習しました。
それでOKが出たので、強弱をつけて弾いたところこちらもOK。
スタッカートで練習すると指がすべらなくなるってことがよくわかりました。

そして今日から「24.つばめ」に入りました。
先生はこの曲をとばすって言ってたのに。。。
ま、ブルグミュラーは好きだからいいけど。
ええ、やっぱり「初見で両手」を指示されました。
普通に弾けば1分程度の曲ですが、10分くらいかけて頑張って弾きました。
いや、弾いたって言えるか…ええ、音を追っただけです。
音符の長さとか完全無視(笑)
まぁできるだけ頑張って練習しますよ。。。


さて発表会曲の渚のアデリーヌは、先生が新しい楽譜をコピーしてくださいました。
今までより難しくなっています。
今回のレッスンでは「つばめ」に時間がかかりすぎて
タイムアップで弾けなかったので、家でじっくり練習です。
本当に、いったい何冊練習するんだろう?
一回のレッスンでせいぜい2冊くらいでいいと思うんだけど、
これは単なる素人考えかしら。
でも冊数が多いと初心者にはきついです~~~><
どれも難しいし。
ハノンのような指の練習と、ちょっと難しめの曲集だけでいっぱいいっぱいなのに、
バイエル、ブルグ、ツェルニーと3冊同時、おまけに発表会の曲まで入ってくるという。
1週間では課題の5~6曲全ては仕上げられないので、
最近は月1~2日でしかレッスンに行けないです。
これがいいのか悪いのか、私には判断能力すらありません。
子どもと違って仕事しながらのレッスンだし、大人にはとにかくキツイです。。。

なんか泣き言ばかり書いてしまいましたが、
自分の芸術性の幅を広げるためにも、今後も頑張ります!
あ、肩の調子が戻ったらバレエも再開するぞー☆
2012.12.19. 01:01  |  ピアノ日記 | Comment:0
Secret