めずらしく連投です。
今日は爆弾メールをもらってしまい、ちょっと気分が悪いです
もともとは自分のアーティスト活動の合間に、希望者がいればキャンドルのレッスンをしよう
と思ったのが始まりで、今のスクールを開いたわけですが、最近はありがたいことに
ご好評をいただき、新規どころか在籍生でさえ予約が取り難い状況となっています。

新規でお問合せくださる方には、当アトリエの状況を伝え、いつもお詫びのメールを
しているのですが、それについて、初めて爆弾メールをもらいました

こちらからの返信はいつものとおり、

新規スクール生の6月の予約は5月1日からですが、すぐにいっぱいになることが多いので、
ご予約できなかった場合は申し訳ないです、

といった内容のものだったのですが、

6月からも予約が取れないうえ新規はお断りとか余りに酷い返信だ、

といった内容の返信がきて、びっくりしました そんなこと一言も言っていないんですが。。。
慌ててそんなこと言ってませんよ、と返信したんだけど、なんだかもっと酷い内容の返信がきました。
おまけにメールフォームのここが悪いとか、私の言い回しのここが悪いとか
言いがかりと言っていいほどの内容。
しかも、なんでこんなこと言われなきゃならないんですか、とまで書いてあり、
全くもって理解不能なメールでして。それはこっちのセリフですから
いたって普通の返信をしただけで、その方に対して、特に中傷したわけでもないのに。。。
受講希望者に対して腹を立ててはいけないとは思うのですが、
私も人間だし、ムカッとしてしまいました。
他の新規の方は、私の状況をご理解くださり、毎月1日を待ってくださっているのに・・・。
だったら来なきゃいいのにぃ ←注意1:本日のアタクシは毒を吐いております。

そこまで言っておきながら、メールの最後に、受講する気は一切ないと書いてあり、
無駄に時間を使わされたことには、本当に腹立たしいし、時間を返してと言いたいけど、
それよりなにより、私としては逆に安心しました。
このような方にアトリエに来られると、無駄に大変な思いをしそうだし、
他のスクール生のご迷惑にもなりそうだったので、最初から受け入れたくなかったのです。
私もつい、「このような方の受入れはお断りいたします」って言っちゃった
 ↑ 注意2:本日のアタクシは毒を吐いております。

こんなことはめったにないのですが、私だって、たまには毒を吐いてもいいですよねっ
2010.04.23. 22:41  |  キャンドルの仕事 | Comment:4
Secret