FC2ブログ
前回は余裕がなく日記が書けなかったので、今日まとめて書きます。


前回のメニュー

・大人のハノン
13番のリズムNo.7&8は結構弾きづらいメロディーでした。
指を広げたり縮めたりで思わず隣の音符を押してしまう。。。
左手の小指で鍵盤を押さえるとき、手が下がるとのことで
しっかり上げた状態で弾くようと指導してくださいました。
もう一度しっかり練習しましょうとのことで、次回も同じ13番を練習です。

・ツェルニー リトルピアニスト
32番、35番は特に問題ないとのことですぐにOK。
次も再チャレンジの34番&37番。
34番では右手をバウンドさせるように弾くとのこと。
37番はスラーを意識して弾きます。

・ソナチネ 7番 第一楽章
こちらはもうOKがでました!
テンポ152でつまずきながらもなんとか弾けたし、
もう大丈夫ですとのことでした。

・ソナチネ 7番 第二楽章
片手ずつの練習では問題ないので両手で練習するようにとのことです!
この曲、とってもキレイで大好き♪
問題はトリル。。。
トリルが超苦手でうまく弾けないので、そこを重点的に練習したいです。



本日のメニュー

・大人のハノン
再練習の13番はOKでした。
今度は14番をリズムNo.10、9で練習です。

・ツェルニー リトルピアニスト
34番はバウンドの弾き方がいいと褒められました(*^_^*)
で、この弾き方なら大丈夫だからと、
次回までにテンポを♪=160で弾けるように練習してきましょうとのこと。
速い…。
37番もテンポアップです。
スラーが切れるところをちゃんと切るのが苦手みたいで、
全部スラー風に弾いてしまうので、
切るところはちゃんと切って、次回までにテンポ四分音符=132で練習です。
そして再チャレンジの38番は左手がポイントとのこと。
1音目を深く入れて、スラー2音目は1音目のついでに軽く弾く…
というか、触れちゃったというようなイメージ。
柔らかく弾きます。

・ソナチネ 7番 第二楽章
両手弾きでしたが、やっぱりスラーの切れるところを切らずに
続けて弾いてしまっていました。。。
しかも同じ音が続くときはスラーなのにスタッカートっぽくなってしまうので、
テヌート気味に弾くようにとのこと。
次回はスラーをもっと意識して、練習。
次回で仕上げだそうです。

・ソナチネ 7番 第三楽章
今回から第三楽章に!
左手だけ練習してきます。
余裕があれば右もやっていいとのことでしたが、
キャンドル展で全く余裕がないです~~~と言ったら
じゃあ左だけでOKということに。

キャンドル展が近いけど、毎日少しずつでも練習しよう!


2013.11.06. 23:01  |  ピアノ日記 | Comment:0