今日で9月もおしまいですね。ひと月とはあっという間です。
・・・なんて、毎月言っているような気がする

次回 petit cadeau の会、受講生の募集を開始いたしました
10月は、ハロウィン・パンプキンです
petit6.jpg
つるを芯に絡ませるところがポイント!
こういうキャンドルはデリケートすぎて販売できませんからね。
レッスンだからこそ、できる作品です。
だけど、じぃ~っと見つめていると、つるの部分がちょんまげに見えてしまう私(笑)

ここで、ちょっとしたお知らせ
10月より、多くの方のご協力により、レッスン料がダウンいたしました
そして、レッスン時間がフリーに
受付開始は11時からで、最終受付は21時、アトリエのクローズは23時半です。
お好きな時間をご予約の上、お越しください

さて、chevet の会も9月で終了いたしました。
そこで10月は初の試み、こどもも参加できる特別ワークショップを開催することにいたしました!
その名も petit leçon (プチ・ルソン)。 親子でも参加できるという嬉しい企画
こどもの集中持続力を考え、1時間程度でできる作品を考えたのですが、
難しいことはしないので、おとなの初心者さんの体験レッスンとしてもおすすめです。
ワークショップ作品はこちら ↓

こちらもハロウィン向けですね。 
ランタンなので、中にティーライトを入れて灯します。
決して難しい作品ではありませんが、私のお気に入りなのでレッスンが楽しみ
特別ワークショップもレッスン時間はフリーですので、お好きな時間をご予約の上お越しください。
あ、参加する方はどなたなのか教えてくださいね!
つまり、小学生です、おとな1名です、親子(小学生未満の子)です、などなど。。。

2009.09.30. 20:54  |  お知らせ | Comment:0
少しずつ、イベントの依頼がくるようになってきました。
もう秋、なんですねぇ。。。
去年のように1ヶ月徹夜なんてしなくて済むように、今から頑張らないと。

今のところ、10月は17日に栃木県で行われるイベントで灯し&販売と
31日に駒込の古民家(←ココ以前から狙ってた!)で行われるお月見イベントでのワークショップ。
最初はお客様用のお土産キャンドルを作ってほしいとのことだったんだけど、
なんだかワークショップをやってほしいという嬉しい話になり、今から作品を考えねばなりません。
私の自由にやっていいということなので、今回は予約なしでふらっと立ち寄って、
30分くらいでできそうなお月見用の作品、しかも安めの料金設定で、
という初の試みをしようかと思っています。
お月見イベントでは、hanちゃん特製のマクロビオティックのお食事が出たり、
古民家でのんびりした時間を過ごせそうです。
hanちゃんは、今年の1月に一緒にマカロン・カフェを開いた仲良しサンです
また一緒にできるのが楽しみ

11月はジャスコのイベントでキャンドル体験教室をやりたいということで、依頼をいただきました。
こちらはキャンドルアーティスト協会のみんなと一緒です。

12月はNPO法人キャンサーリボンズ様からのご依頼で、
がん患者様を対象とした出張教室を行うこととなりました。
12月はクリスマスも近いので、特別レッスンとかしようと思っているのだけど、
私の時間が確保され次第だな~~~。

忙しいけど、声をかけていただけるということは嬉しいことなので、頑張ります
さて、アトリエ行ってきまぁす
2009.09.27. 09:53  |  お知らせ | Comment:0

今日のソープカービングはこの3つ。

細かくて難しかったぁ~。。。
でも確実に上達はしているはず。
早く上手になって、キャンドルに生かしたい。

明日はアトリエに行って、イベント用の作品を創作します。
秋となり、季節的にまたイベントの打診がくるようになりました。
早めに動いておかないと、去年みたいに寝不足でフラフラになってしまうので、
そろそろ重い腰をあげて頑張ります

2009.09.26. 19:53  |  手作り大好き | Comment:0

昨日の夜、無事東京に戻りました。
2泊3日で、和蝋燭に触れたのは2日間でしたが、中身の濃い、とても勉強になった2日間でした。
1日目は和蝋燭づくりをさせていただき、その状況を写真で撮りたかったのですが、
両手がふさがっていたため写真は全く撮れず
代わりに職人さんが作業をしているところを撮りました

この職人さんはとっても面白い方で、後で腕を組んでツーショット写真も撮りました
その写真は載せませんよー

夜は和蝋燭と日舞のコラボ舞台を観たあと、みんなで居酒屋へ。
そこで出された料理がどれも甘かったのが印象的でした。
さしみ醤油にまで砂糖が入っていて、こんな甘い刺身を食べたのは初めてだったので驚いたけど、
翌日、博多祇園で食べたおそばも、東京のそばとは麺もつゆも全然違うし、
地域によってこうも違うんだなぁと思いました。
今まで関西までしか行ったことがなかったけど、そう感じたことは全くなかったんだけどな。。。
ということは、私の地元、北海道の料理は、他県の方々からどう思われているんだろう???
なんて考えてしまいました。

。。。2日目。。。
今回の旅をセッティングしてくれたKさんのご親戚が、八女市でお茶屋さんをやっているとのことで、
お茶畑や工場を見学させてくださいました。
お茶までご馳走になったのですが、そのおいしいこと
お茶のお土産までいただいてしまいました。

お茶をいただいた後は、荒木製蝋さんの工場を見学。
たくさんの蝋や原料、機械を見せていただき、テンション上がりっぱなしの私(笑)

この機械は、櫨(はぜ)を入れて蒸し、蝋を抽出するもの。
今はもう使われていない、手作業時代の古いものだそうです。
・・・欲しい(笑)
荒木さんからは、櫨の蝋や和蝋燭などをいただきました。ありがとうございます

荒木製蝋さんを後にし、今度は櫨畑へ向かいました。

茶色い塊に見えるのが櫨の実です。この実を覆っている皮の部分から蝋を抽出します。
九州や四国でよく育ち、収穫は11月下旬だそうです。

その後、地元の方々が郷土料理を用意してくれているとのことで、バスで会場へ移動。
会場に到着する前から、道にはこんな張り紙が。

会場につくと、地元の方々が作ってくださった自慢の郷土料理がどーーーんとお出迎え。

さっそくみんなで料理をいただきました。ありがとうございました。
食事後の会場は、私たち主催のキャンドル体験教室へと早変わり。
みなさん大興奮で、目をキラキラさせながらキャンドルを作っていました。
予定の30名を大きく上回り、持参した蝋が尽きてしまうまで体験教室は終わりませんでしたヨ。

体験教室が一段落したころ、地元の方に和蝋燭に使われる芯に関する実演をしていただきました。

実はこの日、全ての行程をバスでまわっていたのですが、そのバスを出してくださった、
イグサ農家の方です。
初めて知ったのですが、和蝋燭の芯は、畳同様、イグサだったのです。
イグサの中でも芯に向く灯芯草というものがあるのですが、写真はその灯芯草を裂き、
中に入っている白いスポンジ状のものを取り出す作業をしているところです。
奥のザルに入っているもやしみたいなもの(笑)が、畳・・・いや、イグサの中身です。
畳の部屋はこのおかげで、夏の強い湿気から守られているのですね。
日本人の古くからの知恵には脱帽です。
この方からは、灯芯草のほか、地元のワインまでいただいてしまいました。

これで研修はおしましい。
とにかく抱えきれないほどのお土産をみなさんからいただき、ごちそうまで作っていただいて
その温かさに感激しっぱなしでした。
お土産もらうために行ったわけではないのに、申し訳ない。。。
逆に観光と呼べるものはほとんどできませんでしたが、それでも満足感でいっぱいです。
翌日の最終日は少しだけフリータイムがあったので、午前中に太宰府まで足を延ばし、
午後は空港で帰路につきました。
自分のお土産はいただいたくせに、
東京で待つ人々へのお土産を買える時間がほとんどなかったのは残念でしたが、
ま、いーっか(笑)
スクール生のみなさんへのお土産だけは確保しましたよ~~~
そう、もちろん、和蝋燭 しかも2種類です。高かった~(笑)
レッスンのときにお渡ししますね

2009.09.25. 18:22  |  キャンドルの仕事 | Comment:0

見よ。

世の中では羊毛フェルトといって、羊の毛で手芸を楽しむ方々がいらっしゃいます。
しかしワタクシ、ろみくんの毛で手芸を楽しんでしまいました。
そう、犬毛で作ったブックカバーです。
ベースのピンクの部分は普通の市販のフェルトですが、肉球部分はろみ毛です。

拡大すると ↓

ちなみに裏面は ↓

なんかパンダみたいです><

ろみくんをいつも持ち歩けるかと思うと、すごい楽しーーー
 ↑ 持ち歩かないと思うけど
中身はソープカービングのテキストです。

そういうわけで、前回習ったソープたちはこちら。

だんだん難しくなってきています。

ついでに、私の手芸のために毛を使われた犬はこちら。

爆睡中です。。。

さて、明日から九州
スクール生のみんなには、お土産買ってくるからね

2009.09.21. 14:26  |  手作り大好き | Comment:0

9月29日、ご好評につき petit cadeau の会 の追加レッスンを行うこととなりました。
この日に限りレッスンはフリータイム制とし、
11時から21時までの間のお好きな時間をご予約できるようにいたしました。
すでにご予約もいただいているのですが、
前回ご都合のつかなかった方、この機会に是非どうぞ

ところで、今回のオープンレッスンの写真、またもや撮り忘れやカメラ忘れの嵐で
ほとんど撮れませんでした みなさんスミマセン
そのなかで唯一、木曜夜に撮った写真が1枚だけあります。
chevet の会でお作りいただいた作品。
ご自分でデザインした模様を、イニシャルにして両面を飾っています。
ベネチアンビーズのようで、とても素敵なキャンドルでした
他の生徒の皆さん、とくに、写真の方と同日にレッスンにいらした方々、
彼女の作品の写真しか撮っていなくて本当にすみません><
昨日も生徒さん方に言いましたが、単に撮り忘れ、カメラ忘れ。。。お許しを

2009.09.20. 12:57  |  キャンドルの仕事 | Comment:0
11月15日(日)午後、江東区の文化センターにおけるカルチャー講師実習生を募集します。
漠然とでも、将来的にキャンドルで仕事がしてみたいと思っている方には、
とてもいい勉強、そしてとてもいいチャンスです。
一般の教室に通っているだけでは、決して経験できません。
せっかく当スクールに通っているスクール生への特典ですので、この機会に是非どうぞ。

 対象: 当スクール基礎コースを修了された方

11/14までに基礎コースを修了すればOKなので、
これからスクール入会予定の方にもチャンスがあります


また、12月の講師実習生も募集しております。こちらは平日の予定です。
場所は神奈川県。
対象は、基礎コース中のマイクロシートの基礎クラスを修了された方です。
こちらも、これからスクールに入会される方でも十分間に合います。


実習希望者でまだ要件を満たしていない方は、レッスン時に、
要件を既に満たしている方は、メールでご連絡ください。
11/15の実習生は、すでに1名決定していますので、募集枠はあと1名(計2名)、
12月の実習生は、1名の募集です。
ご連絡お待ちしております
2009.09.12. 22:25  |  お知らせ | Comment:0

2、3日前、ソープカービングに行ってきました。
今回はこの3つ

いい感じです ←自分で言う

カービング用に試作したキャンドルを教室に持っていったのですが、
カービングの先生が、キャンドルに細かく彫りたいらしく、
私のブレンドしたキャンドルではそれができない。というか、
できたてホカホカの温かい状態のキャンドルでないと、それは絶対に無理ですから
私がブレンドしたものも、常温でナイフは入るし彫れないわけではないのです。
ただ、もっと細かくやりたいらしいので、こうなったらアトリエに来てもらって、
完全に固まる前のキャンドルに彫ってもらうしかありません。
いずれは私も技術をマスターし、ソープではなく、
アトリエでキャンドル専門のカービング教室もやるべき?なーんて思っています

2009.09.11. 17:54  |  手作り大好き | Comment:0
今月の22日~24日、九州に和ろうそく研修の旅に行ってまいります!
私、こう見えて(どう見えて?笑)和ろうそくが大好きなんです。
あのやわらかい感触、力強い炎、独特な形…う~ん、楽しみ。。。
工場見学や原料となるハゼ畑の見学、ついでに和ろうそくを作らせてもらえるそうな♪
かなり嬉しいです。

ただ最終日は飛行機の関係で、朝8時半からフリータイムがあるのですが、
九州は初なので、どこへ行ってなにを見たらいいのかわからない
博多駅付近で、15時半に空港に間に合うようにするにはどんな行動をすべき?
おすすめを教えてくださいーーーっ!
2009.09.05. 18:30  |  キャンドルの仕事 | Comment:0
昨日は petiti cadeau の会、昼の部と夜の部が行われました。
写真は撮りませんでしたが、みなさんとっても可愛く作っていました!
あんこを真ん中に配置するのは結構難しいのですが、上手にできてましたヨ^^
うさぎの表情作りに苦戦していた方もいらっしゃいましたが、
出来上がってみると、かなり愛着の湧く表情になっていたと思います。
本物のお団子や大福を包む紙で、うさぎ大福…いや、
お月見うさぎのキャンドルも包んでいただきました。
みなさん満足してくださったようで、ヨカッタ!

次回の petiti cadeau の会 は19日11時からです。
十五夜にお月見うさぎをお供えしつつ灯したい方は、是非作りに来てください♪


そうそう、カービング用のキャンドルの開発、結構進みました。
今、アトリエから持ってきて手元にある試作品も、なかなかの彫りごたえ。
配合の割合をもう少し細かくして試作し、
その中でベストなものをカービングスクールに卸そうかと思っています。
うまくできたら商品化?
その先のことはまだ何も考えていないけど、今は開発に没頭いたします。。。
2009.09.04. 11:49  |  キャンドルの仕事 | Comment:0
マッサージキャンドルについてよくお問い合わせをいただくので、こちらに掲載しておきます。

数年前にハリウッドのセレブの間で流行っていたといわれる、マッサージキャンドル。
大豆ワックスをベースに肌に良いといわれるオイル等をブレンドしたもので、1万円くらいします。
今も流行っているのかどうかはわかりませんが、一部の女性の間では今も人気のようです。
私も3年ほど前、なんだか楽しそうな気がして、それを手作りレッスンでやろうかと
考えたことがあるのですが、ある重大な事実が発覚で却下になりました。

一度灯したキャンドルを、よく見たことがありますか?
いったん溶けてまた固まったロウ。
白いワックスで透明な容器に入ったものでなければ気づかないかもしれませんが、
色が若干黄ばんでいるのに気づきます。そうです、いったん溶けたロウは酸化するのです。
直火で溶かされたワックスやオイルは、酸化・変質します。
特に動植物系のロウは、パラフィンワックス以上に不純物を多く含んでいるので、
直火による変質が激しいです。
これはロウだけではなく、ソフトオイルであっても同じです。どんなに良いオイルでも、
温度を上げると必ず酸化します。
手作り石けんを作るソーパーさんならご存知でしょうが、オイルはなるべく酸化させないように、
40度前後をキープして石けんを作るのに、直火の高温を浴びせるなんて、
オイルに変質してくれと言っているようなものです。

酸化・変質は、見た目でわかるキャンドルもあれば、わからないものも。

上から1/4が、いったん溶けて冷え固まった部分。
写真だとちょっとわかりづらいかもしれませんが、変色しています。市販の植物系のキャンドルです。

みつろうも、茶色い物体が浮かんでいます。


これは私の勝手な一意見に過ぎないので、抗議されても困ってしまいますが、
マッサージキャンドルは、鮮やかな青や紫などいかにもな食紅ジュースなんかを
何の抵抗もなく飲んでしまうような、質より "fun(愉しみ)" を求めるアメリカ人ならではの
発想なんだろうなと思います。もちろん、だからと言って否定はしませんよ。
"fun" より質を重視する日本人にはマッチしないのでは、と私が勝手に思っているだけです。

いったん直火で溶けたろうには、炭化した芯からの発がん物質も含まれている気がするので、
どんなに良いワックスであっても、それをヌリヌリするなんてことは私はしません。
鍋で溶かしたロウでも「高温すぎて変質しないかな」と気にして温度をできるだけ上げないよう
気をつけています。ちょっとした作業で触れる程度なら問題ないと思いますが、
変質したオイルやワックスをマッサージまでして肌に浸透させるなんて。。。
きちんとした知識を持つキャンドルアーティストの中には、
いったん溶けたロウは火を消したあと必ず捨てる、という方もおります。
特に、私のようにアレルギーに敏感(私はアトピーですが)な方はお気をつけくださいませ。。。。
2009.09.02. 19:42  |  キャンドルの仕事 | Comment:0

今日は月2回ほど通っているカルトナージュのレッスンの日。
3回通って、やっとできた作品 ↓

蓋を開けたところ ↓

お道具入れです。内側のクッションのふわふわしたところがたまりません
これを作るのに、トータルで9時間以上かかりました
カルトナージュって本当に時間がかかる~~~
でもウチの先生は、本人が作りたいものだけを作らせてくれるので、とってもありがたいです
まだまだ作りたいものがたくさんあるのですが、
それらを全部完成させるには数年かかりそうです

2009.09.01. 20:43  |  手作り大好き | Comment:0